スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【--/--/--(--) --:--】 スポンサー広告

町民による町民のための鉄道 ?流鉄流山線を追う

今日は江戸川を伝って流山線を追ってみる。
流鉄流山線は流山駅と馬橋駅を結ぶ5.7kmの単線路線。
都心からさして離れていないのに、とてものんびりした風情。
大正の時代に流山町民(現在は市)たちの熱意とお金で興された「町民鉄道」だ。

1P1100778.jpg
流山駅。
ホームには緑色の「若葉」がお休み中。
この駅は個人的にとっても思い入れがある。
僕は小学校に入る直前までこの駅を見下ろせる団地に住んでいた。
1979?1981年の間に相次いで新車両(といってもお下がりだけど)が導入されていて
それらの車両には「流星」「なの花」などの愛称が付けられた。
当時保育園に通っていた僕は駅を出入りしている車両たちを、団地の窓から熱心に見ていた。
1980年に配属された銀色ボディのかっこいい「銀河」のことは特によく覚えている。
(が、「銀河」と名のつく車両はもうない・・・)

1P1100785.jpg
検車区にはオレンジ色の「流星」と、水色の車両。
水色の車両は今年流鉄にやってきたばかりでまだ出番待ちの状態。
ボディ色から察するに現在欠番中の「流馬」の名が付けられることになるだろう。
(ということは次にドナドナされてくる車両は「銀河」になるのかな?)

1P1100805.jpg
昔のことを思い出しながら駅を眺めていたら、「青空」が入線してきた。
残念ながら「青空」のことはよく覚えていない。
あの頃の僕はウルトラマン80が大好きだったから、
「銀河」「流星」のように宇宙的な名前の車両以外は興味対象外だったかもしれない。

1P1100808.jpg
年末だからか、ヘッドマーク(と言っていいのか?)が付けられていた。
どうやら今でも流山市民に愛されているようだ。
もちろん僕も愛している。

流鉄がらみのこんな思い出がある。
同伴者がいれば小学生以下ならただで乗れることを知っていた僕は、
ある日仲の良かった友達と二人で松戸に住む僕の叔父さん家に遊びにいくことにした。
確か、お菓子をもらえるから、とかそんな動機だったと思う。
知らない大人の後ろにぴったりついて親子のふりをして流山駅の改札を潜り抜けたのだ。
(うっすらとした記憶では駅員に止められたような気もするのだけど)
何とか無事に電車に乗り、松戸に住んでいる叔父さんのマンションまで行ったはいいが、
肝心の部屋の番号(さらには棟番号も)が分からないことに気づいてしまう。
それでも、手当たり次第にドアチャイムをならして必死におじさん家を見つけようとするがぜんぜん見つからない。
途方に暮れて日も暮れて、夕焼けに照らされたマンション群がなんだか怖いものに見えてきて
そのマンションの住人に助けを求めて・・・。
電話帳で家の電話番号を調べてもらって、迎えに来てくれた両親に散々怒られたなあ(遠い目

1P1100816.jpg
そんな思い出のある流山駅のお隣の駅、平和台駅。
駅間600mで直線なのでお互いの駅を見ることができる。
流山に住んでた当時、駅近くのイトーヨーカドーのゲーセンコーナーにたむろしてたのは内緒。

1P1100824.jpg
さっき流山駅にいた「青空」に抜かれる。
自転車に抜かれる流山線と揶揄されることもあるけど、一応それなりの速度で走っている。

1P1100835.jpg
鰭ヶ崎駅。
この駅から6?700mほど離れた場所に、商売敵であるつくばエクスプレスの南流山駅がある。
1P1100861.jpg
鰭ヶ崎駅に停車中の「なの花」。

1P1100872.jpg 1P1100889.jpg
坂川に掛かる鉄橋を渡る「なの花」と「青空」。
今日は2両編成の彼らが行ったり来たりしてるだけの日かな。
平日の通勤時間帯ならば3両編成の「若葉」「流星」も出番があるのだろうけど。

1P1100912.jpg
小金城趾駅では猫がホーム監視中。
1P1100928.jpg
この駅は唯一の交換駅。
しかし一番利用客の少ない駅でもある。

1P1100936.jpg
小金城趾駅から少し先に進むと、遮断機の無い踏切があった。短い間隔で立て続けに3箇所ある。
なぜ?とよく見れば、民家と道路の間を走っているからだった。
○○家専用踏切ってことか。いいな。

1P1100953.jpg
ビルとビルの間に吸い込まれていく「青空」。
1P1100960.jpg
実はこんな感じでビル(マンション?)の一階部分に幸谷駅がある。
その上を通過しているのはJR武蔵野線。
すぐ近くにJR新松戸駅があるので駅前はとても賑やか。

1P1100976.jpg
幸谷駅から馬橋駅の区間はJR常磐線とほぼ並走する。
といっても本当に並走するのは数百メートルであとは間に住宅地を挟む形になる。
1P1100985.jpg
馬橋駅の南側から。わかりづらい・・・。
右側に見えるのがJRのホームで真ん中奥に連絡通路があって左側に流鉄のホームが・・・見えないorz。

これにて思い出深い流鉄流山線の探索は終了。
現在活躍中の車両は僕が知っているものではないけど(数年前に代替わりしてたorz)
車両の愛称や色使いは昔と変わってなくて、なんだか懐かしい気持ちになった。
しかし、小さい頃の記憶って意外と覚えているものなのね。


【本日の記録】
総走行時間: 2h33m
総走行距離: 49km


帰り道はまったり。

1P1110037.jpg
夕日電車

1P1110044.jpg
三角親子
関連記事
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【2009/12/21(月) 01:15】 FELT F5編 トラバ(0) コメント(3)

「夕日電車」はなかなかの写真だ。
by 5150 * 2009/12/22 00:32 * URL [ 編集] | UP↑


相変わらず良い写真撮ってますね(笑)

>○○家専用踏切
これ、江ノ電にもいくつもあるんですよね~羨ましいな(笑)
都電は線路沿いに住宅はあるけど、専用踏み切りは無いと思います。

昔、小金城址駅近くの線路沿いに友人宅があり、そいつのガレージで夢中で車いじりをして、流鉄の始発で朝になったのに気が付く・・・なんてことが良くありました(トオイメ
by 赤mini * 2009/12/22 08:25 * URL [ 編集] | UP↑


>5150さん
R6と常磐線に囲まれた場所で撮ってみました。
逆光って簡単にそれっぽくなるよね。

>赤miniさん
江ノ電もいいですよねえ。併用軌道もありますし。
民家専用踏切って質素で味わい深いものが多いですよね。
都内で遮断機も警報機ない踏切自体存在してるのかなあ。

流山には生まれた直後から小学校に上がる直前まで住んでたので、
もしかしたらニアミスしてたもしれないですね。
by vaiable * 2009/12/23 22:58 * URL [ 編集] | UP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

vaiable.comからのお知らせ

    RSSデータ読み込み中……

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

タグ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。