スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【--/--/--(--) --:--】 スポンサー広告

ねえメーテル ?大井川鐵道を追う その2

11/21 10時、金谷駅近くのコンビニで腹ごしらえをして出発。

1P1090981.jpg
金谷の街中を抜けて、小さな峠を越えていく。
今日は山からの風がやや強いので思うように進まない。
しかし、天気がよくて気持ちいい。

1P1090986.jpg 1P1090999.jpg
大井川沿いを見え隠れする線路とともに遡上していく。
木々が景色を遮る道を峠越えしている最中、下のほうからSLの汽笛が聞こえてきたorz

1P1100005.jpg
大井川本線のちょうど中間地点にある川根温泉笹間渡駅。素朴な駅だ。
駅で時刻表を見ると、10分後に列車がくるようだ。
この辺でちょっとお楽しみターイムっ。

1P1100018.jpg 1P1100038.jpg
道の駅の裏手にある鉄橋を渡る列車を上下線1本ずつ見れた。
もっと引きの画のほうがよかったなorz

1P1100048.jpg
そして、地名という地名(じなというちめい)。
1P1100050.jpg
ここには日本で2番目に短い鉄道トンネルがある。その長さ10m。
1番目は今ホットな(若干旬を過ぎた感もあるけど)八ッ場ダム近くの樽沢トンネル(7.2m)。
ダム工事が進めば鉄道ルートの変更により使用されなくなり、この地名トンネルが日本一になるはずだったけど、
鳩ポッポさんのお戯れにより、これからも2番目であり続けることだろう。惜しかったね。

そういや、このまえスポークが折れたとき長野原草津口駅から吾妻線で帰ったので、
樽沢トンネルをくぐっているのだけど、うつらうつらしていたためまったく気づかなかった。
というか、起きてても気張ってないと一瞬で通り過ぎるから分からないんじゃないかと思うのだけど。

沿線にはいくつか吊橋があったのだけど、そのなかで一番スリリングそうなやつがこれ↓。
1P1100054.jpg
道路と線路の上って・・・。

1P1100056.jpg
下泉駅に停車中の南海21001系。
こいつを間近で見たかったので、ちょっとうれしい。
しかも中々発車しないので写真撮り放題。
ん?ちょっとまて。ということは対向列車待ち?
1P1100060.jpg
と思ってたら奥からなんか来る。

1P1100063.jpg
キタ━―━―━(゚∀゚)━―━―━―!!
1P1100066.jpg
普段の行いが良いから、としか説明できないほどタイミングよくやってきた黒光りするでかいヤツ。
モクモクと煙を吐き出し、辺りは煙だらけに。
すぐそばで汽笛を聞いたけど、体がビクッとなるくらい大きい音だった。
やっぱ迫力が違うね。
SLなんて過去の遺物じゃん。と思ってたけど、生で見るとやっぱすごいわ。

ちなみに、SLの汽笛を聞いた直後、脳内で銀河鉄道999のOP曲が脳内再生された。
幼少期の刷り込み って怖いよね。

さて、見るもん見たのでこれで心置きなく千頭駅まで走れる。

1P1100080.jpg
なぞの3本レール。
超狭軌用?

1P1100084.jpg
いつの間にか林道チックな道に。
1P1100085.jpg
視界が開けたと思ったら、また南海車両が!
実にのどかな風景だ。

1P1100093.jpg
ちょっとだけ道に迷った先にあった神社の狛犬?

1P1100095.jpg
シャッターチャンスに間に合わず。
茶畑の中を走る電車という素敵な風景なのになあ。
自転車で走りながら、列車が近づいてくるのを察知するのは中々難しい。
でも反応するのが日に日に速くなっているので、いつかニュータイプに覚醒できると思う。

1P1100103.jpg
で、13時、大井川本線終着駅かつ井川線の始発駅である千頭駅に到着。
約50kmの道のりを3時間掛けてきたのか。今日は非常にのんびりペースだ。

お腹も減ったし、ここで大休憩。
ねえメーテル、この星にも合成ラーメンはあるのかな?


井川線につづく。
関連記事
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【2009/11/24(火) 22:37】 FELT F5編 トラバ(0) コメント(2)

珍しい狛犬ですね!こういう狛犬ははじめて見たたなぁ~
思わず、「折田先生を讃える会」を思い出してしまいました(笑)

千頭駅の写真、良い絵ですね~
チルトシフト風味にすると面白いかも?(笑)
http://tiltshiftmaker.com/


by 赤mini * 2009/11/25 21:21 * URL [ 編集] | UP↑


>赤miniさん
狛犬と言っていいのか疑問ですけど、かぶりものの石造自体めずらしいですよね。
線路沿いの静かな徳山集落を見守る浅間神社にありました。

ちなみに、かぶりものの正体は↓
http://www.town.kawanehon.shizuoka.jp/news/newsview.asp?cd=3&id=1103
国の重要無形文化財に指定されている"鹿ん舞"のようです。
しかしなぜ狛犬の位置に置いたのかは謎のままですw
by vaiable * 2009/11/26 01:52 * URL [ 編集] | UP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

vaiable.comからのお知らせ

    RSSデータ読み込み中……

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

タグ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。