スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【--/--/--(--) --:--】 スポンサー広告

まずは輪行 ?大井川鐵道を追う その1

--------------------------------------------------------
これからレポする旅について一言前置きをば。
これは、自転車と鉄道、この2つの趣味を一日で一度に味わおう、
という、「一粒で二度おいしい」を目指す壮大?かつ実験的な試みです。
--------------------------------------------------------


11/21 4時に家を出て、
1P1090950.jpg
5時に東京駅。

1P1090951.jpg
「そのまま自転車持ち込まないで」ということなので、素直に自転車を輪行袋へしまい、
東海道線のホームで5時20分発の初電を待ち受ける。

1P1090954.jpg
来た!
1P1090955.jpg
入線時の方向幕には”回送”、ヘッドマークには”普通”の文字。
今年の3月までこの列車は大垣発の”ムーンライトながら”として入線していたけど、
ダイヤ改正で臨時列車となってしまった今も、律儀に373系を使っているのはすばらしい。
ちなみに、現在のムーンライトながらは189系で運用されているらしい。

1P1090957.jpg 1P1090958.jpg
一番に乗り込み、輪行用に存在するとしか思えない一人掛け席に陣取る。

1P1090961.jpg
根府川駅近くで太平洋に浮かぶ太陽を拝み、
1P1090963.jpg
富士駅近くで青空に映える富士山を拝む。
旅気分はすでにMAX状態。

1P1090969.jpg
東京駅から3時間23分かけて終点の静岡駅。
ここからさらに浜松行に乗り換える。

1P1090972.jpg
9時31分、金谷駅に到着。
東京駅から実に4時間以上の長旅だった。
新幹線だったら東京駅?広島駅にほぼ等しい時間。
これは各駅停車での輪行の自己最長記録かな。

ここ金谷駅といえば、大井川鐵道の始発駅。
大井川鐵道といえば、日本随一の観光路線。
ここ金谷駅から千頭駅までの本線は、SLと元関西私鉄のレトロ車両。
千頭駅から井川駅までの井川線は、90パーミル(斜度9%)を駆け上るアプト式鉄道と秘境駅の数々。
こんなに見所が多い路線はそうはないですぜ。
下調べを念入りにしてすべて見ておきたい気もしたけど、
それはそれで楽しくないので、偶然とか運のよさにまかせて楽しむ予定。

駅のホームにあるトイレで順番待ちをしていると、おじさんに声を掛けられた。
輪行袋の値段を訊かれたので「3000円くらいかな」と答えていると、
自分の番が回ってきたので話を切り上げてトイレに向かったが、トイレから出てくると、まだ居た。
しょうがなく話につきあうのだけど、これが長かった。
霧のいいところで話を切り上げて駅の外で自転車を組み立てていると、また話しかけてきたり。
このおじさん浜松からSLを乗りに来たらしいが、東京人な僕に対して非常にローカルな話題を振ってくるので困った。
あなたの行きつけの自転車屋なんて知らんわ。

というわけで、走り始めることができたのは10時近くになってからだった。


つづく。
関連記事
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【2009/11/22(日) 23:50】 FELT F5編 トラバ(0) コメント(0)















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

vaiable.comからのお知らせ

    RSSデータ読み込み中……

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

タグ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。