スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【--/--/--(--) --:--】 スポンサー広告

山あり ?連休ツーリング その2

9/21 4時半頃、出発。
昨日のツーリング中のトラブルで夕方には家に戻り、
それから仮眠、夜中に起きて本日と明日のツーリングコースをALPSLABで作成。
それから荷物や装備を積み替えて、夜明け前に再出発。
実にあわただしい。

1P1080564.jpg
家を出たときには暗かった空もすぐに明るくなってきた。

1P1080565.jpg
今、何かと話題のサンミュージックは甲州街道沿いにあったのね。気付かなかった。

本日の目的地は山梨県笛吹市。というか石和。
とりあえず拝島まではR20を走っていくことになっているので、早朝の甲州街道をかっ飛ばす。
が、区部を抜けると路肩は狭いわ交通量は多いわで走りづらくなる。
しかも、府中辺りからは渋滞で思うように進めず。
さらに、GPSの調子が悪くなり(SDカードが接触不良?)一時はまたツーリング中止しようかと思った。
が、拝島でR20を離れてからは渋滞も無くなったし、なぜかGPSも復活したので続行。
二日連続でリタイヤはいやだし。

武蔵五日市駅を過ぎて、同じ方向を目指す自転車乗りと抜きつ抜かれつ走って
1P1080577.jpg
甲武トンネルへ。いやー久しぶりにきた。
1P1080581.jpg
記憶があいまいだったようで、思いのほかきつい上りだった。
が、まだ大して走ってないので元気に登る。
途中、普通の格好をした高校生?がママチャリで下ってきたが、地元の人だろうか。

1P1080585.jpg
無事、甲武トンネルを抜けて山梨県へ。
ケヤッキーが出迎えてくれるのね。アラホラサッサー!

1P1080588.jpg
下った先の交差点で方向転換、鶴峠へ向かう。
東京から石和へ行くならただR20をまっすぐ行けばいいだけだけど、今日は峠攻めの気分。

1P1080592.jpg
2年前に反対側から走ってきたときの記憶では
この道はとてものどかな山村を走りぬける気持ちのいい道だったのだけど、やはりそうだった。

1P1080595.jpg
沿道では手を振って応援してくれるファンたちもいるし。(夜はちょっと怖いけど)

1P1080597.jpg
鶴峠の手前8.5kmくらいの場所にも峠と名の付く場所があった。
プロファイルを見ると、たしかにここにピークがある。
ふーん、田和峠(標高610m)か・・・変なところで止まってしまったから発進が大変じゃないかorz

1P1080602.jpg
途中、大掛かりな道路工事をやってる箇所があったので押して歩く。
平坦ならそのまま走ってしまうけど、砂利道ヒルクライムはすべって進まないからね・・・。こけるし。

1P1080607.jpg
鶴峠が近くなって、傾斜がきつくなる。
ふへーっと声を漏らしながら登っていると後ろから声。
いつのまにかカップルらしき二人組みが登ってきていた。
なぜか追いつかれまいと思いペースを上げるが、男性の方にあっさり抜かれた(笑

1P1080609.jpg
先に上っていった男性が女性を迎えに降りていくのと入れ違いになって、鶴峠(標高870m)に到着。
しばし休憩すると2人も到着。峠ですこしおしゃべり。
聞けば、松姫峠を越えて輪行で帰るとのこと。コースかぶっとるな。
2人が先に出発していったので、しばらく時間をおいてから僕も出発。

鶴峠から少し下り、小菅村の小さな集落を通過するとR139にぶつかる。
ここから大月方面へ走っていけば松姫峠だ。
1P1080614.jpg 1P1080618.jpg
道は荒れ気味だけど、登る分には困らない。
しかし、若い番号の国道のわりに酷い道だな。
松姫峠の下にトンネル作ってるらしいけど、それができちゃったら廃道化しちゃうかも。

1P1080622.jpg 1P1080626.jpg
12時半ごろ、松姫峠(標高は1250m)に到着。
晴れてりゃ富士山が見えるらしいが・・・。
鶴峠でロング休憩してたのでさっさと下る。

1P1080634.jpg
途中から道幅が広くなり(一時的だったけど)、スピードが乗ってくると、前走する自転車に追いつく。
おっちゃんが乗るママチャリだ。まさか峠を越えてきた?

1P1080641.jpg
途中、ほぼ下りきって平坦になったところにあった三叉路で道を間違えそうになりながらも、大月市街へ。
ひさしぶりに賑やかなところへ戻ってきた。
再びR20を走る。
1P1080645.jpg
東京から100kmのキロポスト。
キロポストの写真を撮っていた高校生くらいの自転車旅人たちに紛れて、ぼくも写真を撮る。
ふとサイコンを見ると150kmを越えている・・・うーん、遠回りしすぎ?
キリがいいので、直ぐ近くのコンビニで休憩。遅めの昼飯を食べる。
ついでに10分ほど仮眠。

再び走り出す。
大月市街から笹子トンネルまでは平地だと思っていたのだけど、ずっと登っている。
1P1080648.jpg
ちょっと気分が萎えたけど、かいじ同士のすれ違いを見て復活。

1P1080651.jpg
笹子トンネル手前まで来た。
左は峠、右はトンネル。
安全第一の自転車乗りは迷わず左を選ぶ。

1P1080654.jpg
道は狭く、日も傾いてきて薄暗いが、車の往来は皆無。
快適な峠道をまったりと登る。

1P1080662.jpg
峠近くに矢立の杉という巨大杉があるらしいので、自転車を降りて見に行ってみる。
小道を少しばかり歩いていくと、
1P1080664.jpg
あった。
タバコの箱が手元に無かったので、大きさがわかりづらいかもしれないけど、でかい。
今思えばまわりの普通の杉を絡めて写せばよかった。
1P1080663.jpg
で、観光地恒例の歌碑もあった。ここは杉さまの歌ですよ。
ちなみに曲は流れない。よかった。
石に写ってるへんな格好の人は・・・誰だろう?

1P1080675.jpg
で、まったり登っていたらいつの間にか着いたって感じで、笹子峠(標高1096m)。というか笹子隧道。
趣のあるおしゃれなトンネルだ。が、中は真っ暗。
向こう側の明かりを目指して走り抜ける。さっさと抜けないとなんか出そうだ・・・。

1P1080685.jpg
トンネルを抜けるとやけに明るい。
日暮れかと思って登っていた峠の東側は、日が山に遮られていただけのようだ。

下って再びR20へ。

1P1080693.jpg
甲府盆地に降りると、まわりはブドウぶどう葡萄。
石和で食べればいいやと、勝沼を過ぎていくと・・・見かけなくなったんですがorz

16時半ごろ、石和に到着。
1P1080700.jpg
石和温泉駅。近くに足湯があった。
でもぶどう園はないね。

途中、ほうとう屋さんがあったので入ろうかとおもったけど、
レーパンでは入りがたい雰囲気であったためパス。
1P1080696.jpg
今晩の宿、 薬石の湯 瑰泉へ入る。
石和にはいくつか健康ランドがあるけど、そのうちで一番新しそうなところを選んでみた。
お風呂は満足。外湯も広いし。
食事もメニューがやたらと多い。かぼちゃのほうとうを頼んだけど、おいしかった。
けど、休憩スペースが雑魚寝スタイルなのは・・・。(事前に知ってはいたけど)
連休中ということもあって非常に混雑していたため、災害難民のごとく狭いスペースで寝る羽目に。
やっぱソファとかあるほうがいいな。
まあ、2000円で泊まれたのであまり文句は言えないけど。


【本日の記録】
総走行時間: 9h46m
総走行距離: 197km
平均心拍: 130bpm
消費カロリー: 5816kcal

地図は山間部のみ。
20090921_map.jpg
20090921_profile.jpg
累積標高3000m越え!疲れた・・・。



翌日は東京に自走で戻るので
つづく。
関連記事
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【2009/09/30(水) 00:45】 FELT F5編 トラバ(0) コメント(0)















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

vaiable.comからのお知らせ

    RSSデータ読み込み中……

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

タグ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。