スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【--/--/--(--) --:--】 スポンサー広告

雨中行軍 ?ツール・ド・東北 その4

8/9 12時過ぎ

お昼ごはんを食べて元気よく走り出す。
1P1070636.jpg
が、すぐに長い上りが現れる。
滝ノ沢峠へ向かう道なのだけど、ここもけっこう傾斜があるようで
シッティングでノロノロ走っていると重力に負けそう・・・。
なのでダンシングをメインにして上る。
そういや道路が所々濡れているので通り雨があったのかもしれない。

1P1070638.jpg
十和田湖の北西に位置する滝ノ沢峠に到着。
この峠を境に再び青森県に突入。
これから奥入瀬渓流方面へ向かうため、これからまた上らなきゃいけない。
1P1070642.jpg
この峠には見晴台があるので、休憩代わりにしばし十和田湖を眺めるが、かろうじて見える程度・・・。
こんだけ厚い雲に覆われていたら雨に降られるのは時間の問題か。
と考えながら滝ノ沢峠から1kmほど走ったところでポツポツと顔に何かが当たる。
1P1070643.jpg
あっという間にスコール状態。
峠に引き返せば売店があるので引き返そうかと思ったが、
カッパも持ってきているし、すぐに弱まるだろうと強行突破を試みる。

結局、雨の勢いが衰えることなく30分ほどずぶ濡れになりながら走り続けることになり、
1P1070645.jpg
御鼻部山展望台(標高1,011m)の駐車場で雨宿りできそうな場所を見つけることができた。
公衆トイレの軒先に自転車を止め、カッパを脱いでしばし休憩。
ケータイで雨雲をチェックしてみると、ちょうどこの辺だけ真っ赤になっていた・・・。

いい加減雨宿りも飽きてきてたところで(結局小一時間休んでた)、ちょうど雨が弱まる。
よし、いくか。と走り出すと、さっきまで雨でよく見えなかった展望台が見えたので寄ってみた。

ひと気ない展望台から十和田湖を見下ろすと、深い青色をした湖面が・・・
1P1070649.jpg
何も見えないwww

展望台で落胆しているとまた雨足が強まったのでまた雨宿り。
すると地元の人らしきおじいさんがやって来た。
暇つぶしにちょっと話をしてみたのだけど、9割がた何を言っているのか分からなかったw
おじいさんが「これからどこへいくの?」とおっしゃったので(おそらく)
「これから奥入瀬渓流へ向かうんですよ。」と答えると
「坂が急で危ないからやめときなさい」的なことをおっしゃった(たぶん)。
年寄りの言うことは聞くもんだ。
ということで、渓流へは寄らず手前のバイパスを通って回避することにした。
この天気じゃ観てもしょうがないだろうし。

雨音が小さくなったところを見計らって、こんどこそ走り出す。
1P1070656.jpg
雨は弱まったけどガスってきた・・・。
防水のはずのヘッドチューブバッグに入れたデジカメが濡れてしまい、レンズカバーがうまく開かない。
レンズにも水滴ついちゃってるし・・・。

1P1070660.jpg
こんな感じで車通りの無いR102のバイパスを標高1000mから300mまで一気に下る。

1P1070668.jpg
そこからはバイパスと旧道が合流。
道が狭くなり、それに反して交通量が多くなる。
路面も荒れ気味だし、水溜りで路面状況が分からない場所もけっこうあって怖かった。
そんなブナ林の中を十和田湖温泉郷までさらに100mほど下る。
この区間で、同じような境遇で走るキャンパーを追い抜いた。
そういや今日、自転車乗りを見たのはこれがはじめてだ。

十和田湖温泉郷からは八甲田山方面へ向かう。
山へ向かうので当然登ることになる。
1P1070675.jpg
上の写真のような風景が続くR103を上っていく。
上り始めでは雨はほぼ止んでいたのでカッパを脱いだが、
標高が上がるにつれてまた雨足が強くなっていく。
カッパを着たかったが、路肩も満足にない道で、交通量も多いため中々着れなかった。

蔦温泉を過ぎたあたりで、またスコール状態になり、悲しく濡れ鼠状態になりつつも黙々と上る。
1P1070679.jpg
R394との分岐地点で屋根つきバス停があったので迷わず休憩。
予定ではこのままR103で行くことになっていたけど、
もしかして迂回したほうがいいのだろうか?と地図を開いて別ルートを探す。
田代平方面から雪中行軍像のある県道へ逃げようかと考え始めたところ、
タイミングよく(悪く?)雨が小降りになってきたので、やはり予定通りに進むことにした。
せっかくここまで来たんだしねえ。

1P1070685.jpg
晴れていたならば八甲田山の山並みが美しかったであろう道を進む。
ここからは道もよく車通りもすくなく、何より雨もほとんど止み、すこぶる走りやすかった。

1P1070696.jpg
16時半頃、本日の最高地点である傘松峠に到着。
雨には心底参ったけど、上りきってしまえば、そんなことも忘れる心地よさ。
ここから青森市街までは下り基調で40kmほど。暗くなる前に着けそうだ。

濡れた路面に注意しながら、観光モードで下る。
1P1070702.jpg
酸ヶ湯温泉の地獄沼でちょっとだけ暖まり
1P1070711.jpg 1P1070715.jpg
八甲田山を横目に高原チックなところを気持ちよく走り
1P1070718.jpg
津軽富士とも呼ばれる岩木山が見えるであろう方向を眺め(曇っていてまったく見えないw)
1P1070722.jpg
あっというまに下界が見えてきた。
そういや、雨が降った形跡がない。
どうやら山中でしか降ってなかったようだ。

で、ぎりぎり日没前に青森市街に到着。
1P1070725.jpg
超絶アバウトな行き先案内。
ちなみに明日は左に行く予定。右はまたの機会に行く予定。

1P1070727.jpg
昨日の岩手県庁に続いて、今日は青森県庁にご挨拶。

商店街で夕食を済ませたあとは、本日の宿泊地に向かう。
1P1070735.jpg
飯を食べている間にすっかり暗くなってしまったが、あおもり健康ランドに無事到着。
健康ランドに連泊するのって何気に初めてかな?
いたって普通の健康ランドだったけど、波長が合っていたのか、単に疲れているだけなのか、
すぐに眠りにつくことができた。・・・明日の筋肉痛が怖い。

【本日の記録】
走行時間: 9h26m
走行距離: 167.4km
平均心拍: 121bpm
消費カロリー: 4814kcal

20090809_map.gif
20090809_profile.gif
久しぶりにいっぱい登ったw

【ここまでの記録】
総走行時間: 17h37m
総走行距離: 347.9km

つづく。
関連記事
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【2009/08/25(火) 00:27】 FELT F5編 トラバ(0) コメント(5)
私の
実家付近を通ったんですねw
道中、雨だったのは残念でしたね。
私がいたらおじいさんの通訳くらいは出来たんですが(笑)

ロードバイクで私はまだ青森を走ったことがないのでちょっとうらやましかったり。
来年は、下北半島方面
浅虫温泉→野辺地→恐山→大間→仏が浦
あたり行ってみてくださいよ。
by MURA * 2009/08/25 00:48 * URL [ 編集] | UP↑


青森平野を囲む山を越えるときに、ヲレはいつも濃霧に悩まされていましたが、雨に遭ってしまったようで・・・

超アバウトな標識は、ものすごく旅情を誘いますよね!
北海道でこんな標識を見かけました。
http://2.bp.blogspot.com/_V635sv99cyw/Sge3TlnqQUI/AAAAAAAABZk/uU4jDTfM8bQ/s1600-h/DSCF1450.JPG

青森健康ランドはフェリー乗り場のところですね!
いつも通り過ぎていたけど、ノンビリ風呂に入って休むのも悪くないな~
by 赤mini * 2009/08/25 10:11 * URL [ 編集] | UP↑


奥入瀬行けなかったんですね~残念!
とってもきれいな場所なので何度行っても飽きないんですよ。
雨じゃしょうがないですもんね。また次回ですね!

津軽弁・・・さっぱりわかりません(^^;;
市場のおばちゃんと相方のやりとりは、同じく9割がた理解できずでした(笑)
by きゃうちゃん * 2009/08/25 14:28 * URL [ 編集] | UP↑


道の駅浅虫には風呂もあったはず。

八甲田ってまだ未経験だけど、かなり良い感じだね。
やっぱあそこは夏でもナメちゃいけないw。
by 5150 * 2009/08/26 00:23 * URL [ 編集] | UP↑


>MURAさん
そういや青森出身でしたね。
青森、天気はいまいちでしたが、気に入りました。いい所です。
計画段階では下北半島一周も考えてたんですが、距離があるわりに(200km以上だったかな)補給/宿泊ポイントが限られるかな?と思い、今回はパスしました。
ですが、いつか必ず行きますよ!

>赤miniさん
国後島、さりげなく自国の領土を主張してますねw
あおもり健康ランドの駐輪場では、荷物満載の自動二輪がかなりの数止まっていました。
そろそろ行くんですよね?もし時間に余裕があれば是非体験してみてください。

>きゃうちゃんさん
奥入瀬渓流は楽しみにしてたんですけど、また訪れる理由ができたわけで、
それはそれでよかったかな?と思います(笑

>5150さん
夏の八甲田への道は、晴れていればかなり気持ちよさそうでした。
雨は雨で深い林が神秘的に見えてよかったんだけどねえ・・・。
by vaiable * 2009/08/26 02:55 * URL [ 編集] | UP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

vaiable.comからのお知らせ

    RSSデータ読み込み中……

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

タグ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。