スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【--/--/--(--) --:--】 スポンサー広告

勝手ブルベ状態 ?ツール・ド・西日本 その8

5/4 12時半。
この時点で予定の距離の半分は消化。
姫路城をあとにして、さらに西へと走る。

1P1050026.jpg
山陽電鉄の車両基地。
新しい車両もあるんだね。

1P1050034.jpg
R250を走っていると、これまでと違う雰囲気になってくる。

1P1050037.jpg
「ここは、七曲り」と書かれると、箱根旧道の七曲りを思い出し身構えてしまうけど、
ここに関してはただ右に左にと曲がってるだけだった。ほっと一安心。

1P1050041.jpg 1P1050043.jpg
ザ・ニッポンの漁村、といった趣の景色。
静かな内海の漁村はほんとにのどかだ。

1P1050047.jpg
これで天気が良かったらいうこと無しなんだけどなあ。
この日はずっとこんな曇天模様の一日だった。

1P1050050.jpg
相生市に入る。
暇つぶしに、すべて母音で構成される市町村名が他にないか?という問題を自分に出す。
しばらく考えていたけど、大井町(神奈川県にある)しか見つけられなかった。他にあんのかな?
自転車に乗っているときはこんなことをやって遊んでいるのよ・・・。

道の駅「あいおい白龍(ペーロン)城」で休憩。
1P1050060.jpg
相生産と書かれた助六寿司を食べる。
右上のはなんだろう。アナゴ?
よくわからないけどおいしかった。
あと、ここでGIANTのMTBでキャンプツーリングしてる人と出会いちょこっと話した。
大阪から来たそうで、このあと四国、九州と走る予定だそうだ。
なんか久々にまともに人と話した気がする。

しかしながらこの道の駅、やたらと派手である。
1P1050061.jpg
中華街か!と突っ込みたくなるのだけど、
どうやらペーロン祭の関係でこうなったみたい。
でも、遠くから見てもここだけ異空間なんだけど・・・。

この道の駅を過ぎるとすぐに上り坂になり、
1P1050063.jpg
標高110mほどの高取峠を越えて赤穂市に入る。
1P1050067.jpg
峠を越えてすぐのところにこんなモニュメントが。
「殿中でござる」から4日半走り続けて600km。だいたい時速5.6kmか。
うーん、時速にしちゃうと凄みが薄れるね・・・。

1P1050072.jpg
R250は路肩が狭くて怖いため、千種川河川敷のサイクリングロードへをちょこっと走って危険回避。

このあと標高45mほどの鳥打峠を越え、
1P1050078.jpg
標高90mほどの福浦峠を越えたら、岡山県。
これで本日の峠は終わり。峠と呼べるほどのものでもないけど。
ちなみに本日のコースはものすごく平坦で、200km走って獲得標高700m(GPS)。
実際には500mも登ってないと思われ。

1P1050084.jpg
瀬戸内の複雑な地形は見ていて飽きない。
1P1050088.jpg
ここは日生町だということがよくわかる。
が、日生町は平成の大合併で消滅してしまったのね・・・。

1P1050096.jpg
西片上駅近くに、色あせたDD13があった。
どうやら廃線となった片上鉄道の車両らしい。
調べてみると、客車を引く若かりし頃のこいつの姿を見つけた。

1P1050106.jpg
本日の宿泊ポイント、岡山市に入る。
日没が近い。ちょっと急ぐ。

1P1050122.jpg
18時前に、岡山城に到着。
白鷲城とも呼ばれる姫路城とは対照的に真っ黒。
休憩しながらケータイでホテルを探す。
が、めぼしいところは満室・・・。
街外れにある、なにやら昭和な感じのする名前のホテルに予約を入れる。

1P1050125.jpg
まさに昭和な感じのするホテルだった。

【5/4 兵庫県宝塚市?岡山県岡山市の記録】
走行時間: 9h09m
走行距離: 204.9km
平均心拍: 121bpm
消費カロリー: 4,745kcal

20090504_map.jpg

【ここまでの記録】
総走行時間: 26h42m
総走行距離: 566.8km
総消費カロリー: 15,446kcal
関連記事
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【2009/05/14(木) 22:30】 FELT F5編 トラバ(0) コメント(4)

ついに、赤穂へ到達しましたね。

>「殿中でござる」から4日半走り続けて600km。だいたい時速5.6kmか。

なにしろ、カゴヤさんが必死に走った速度ですから。
交代で走ったとしても、結構すごいと思う。 降りとか、惰性使えないし (^^ゞ

イメージ的には、人を背負った上で陸上競技のクロスカントリーしているようなものですかね。

そう考えると、自転車は偉大だ \(^o^)/

by とどにい * 2009/05/14 23:00 * URL [ 編集] | UP↑


>とどにいさん
これ書いた後、ちょいと気になって調べてみましたが、
早籠の人たちは、宿場毎に担ぎ手を交代してたみたいですね。
そうなると、籠の中の人の方が大変だったのかもしれません。
レーパンもはかずにずっと座りっぱなしで(笑
by vaiable * 2009/05/14 23:34 * URL [ 編集] | UP↑


(顔が新しいけど、)小湊鉄道色の車両があるんですね!
この色は、どういうわけか懐かしさを感じてしまうんだよなぁ。
京成で昔あった気がするなぁ。
東武もその昔、オレンジ/肌色の2toneがあったっけな。
DD13などのディーゼル機関車は、幼少の頃隅田川貨物駅で良く見てましたねぇ~
入れ替用には運転台がオフセットされてるDD16あたりで、本線に出て行く遠く長い編成は、大きな機関車が牽いていましたね。
もしかしたらヲレ、隠れ鉄チャンなのかも?(笑)

>白龍(ペーロン)城
千葉のBRMコース上にある、大きな中華料理屋を思い出してしまいました(笑)

by 赤mini * 2009/05/15 10:53 * URL [ 編集] | UP↑


>赤miniさん
赤miniさんは鉄分たっぷりだと思いますけど(笑
あのツートンカラーは古き良き時代を思い起こさせる温かみのある色ですよね。
ただアルミボディにはちょっと合わないかな、とも思ったり。

明日はあの中華料理屋の前を二回も通るのかあ・・・。
by vaiable * 2009/05/15 22:25 * URL [ 編集] | UP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

vaiable.comからのお知らせ

    RSSデータ読み込み中……

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

タグ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。