スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【--/--/--(--) --:--】 スポンサー広告

スタート ?フレッシュ宇都宮 その1

4/4 夜明け前の上野駅前で自転車を輪行袋に入れる。
ここから新潟県の長岡駅まで新幹線で移動するのだ。
ずっしり重い自転車をえっちら運んでホームに着くと、
後ろから赤miniさんも自転車を担いでやってきた。
僕らが乗る新幹線が来るまでの間、しばらく話して過ごす。

ブルベ2年生、認定距離は300kmまでのぼくがフレッシュに出るわけで。
ちょっと前までは、フレッシュなんて出ることはないだろうと、
ルールすらほとんど知らなかったのだけど、
ある日赤miniさんに誘われて、あっという間に当日。

[フレッシュの簡単な説明]
3?5人がチームとなって、
360km以上を24時間かけて走る。
で、そのコースは自由に決めてよい。
が、ちょっとした制限があって、
途中の休憩は2時間以上とってはいけなくて、
最後の2時間は25km以上を走っていなければならない。
また、最低でも3人がゴールしないと認定されない。
他にも細々したルールがあるけど、詳細はAudax Japanのページに色々書いてあるので、
興味のある人は読んでみてね。

新幹線に乗り込み、車窓を眺めたり、まぶたの裏を眺めたりしてるうちに長岡駅に着く。
で、降りて改札に向かう途中で全員集合。
どうやら全員同じ列車だった模様。

今回フレッシュ宇都宮を一緒に走るメンバーは、
とどにいさん、Kさん、赤miniさん、そしてぼく。
チーム結成までの流れは、
とどにいさんがフレッシュメンバーを探していたところに、
赤miniさんが乗っかり、ぼくも引きずり込まれて?といったところ。
なので、とどにいさんとKさんとは一切面識が無い。
ちなみに、僕以外はSR取得者。
チーム名は赤miniさん命名の「トラン・ド・ニュイ」(フランス語で夜行列車の意)。
そして肝心のコースは、
ここ長岡から直江津まで海岸線沿いに走り、
そこから妙高高原を越えて長野へ。そしてR18沿いに東へ。

で、軽井沢から関東平野に降りたらひたすら東進し、
R4から宇都宮へ向かいゴールへ。

といった感じ。
終盤は坂が皆無なので、これならなんとかなるだろう。
途中、直江津と長野ではお楽しみポイントも設定されているし。

1P1040048.jpg
長岡駅前で自転車を組み立て、ブルベカードに名前を書いたら、
スタート地点であるコンビニまで移動。

スタートまで時間があるので、お話したりして時間を潰す。
1P1040050.jpg
この貴重な時間を生かしてマンホール撮影。
花火と長生橋(今回のコースとして通った!)と郷土資料館(長岡城ではない)とスキー

9時になると同時にコンビニで買い物して、
スタート時間の証明となるレシートを受けとったら、
24時間サイクリングのスタート。


つ・づ・く
関連記事
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【2009/04/08(水) 23:45】 FELT F5編 トラバ(0) コメント(0)















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

vaiable.comからのお知らせ

    RSSデータ読み込み中……

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

タグ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。