スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【--/--/--(--) --:--】 スポンサー広告

海と太陽と風とEscapeR3 ?銚子へ初ロングライド

4:30くらいに家を出る。
旧14号を走り6:00くらいには千葉駅に着く。
九十九里までのルートを決める&腹ごしらえの為にマックを探すが、まだ開いていないので公園で地図とにらめっこ。
国道126号を東金まで走りそこから海に向かう道を行くことにする。

山がちな狭い道ながらも車道を進んで東金まで。
7:30、マックを見つけたので朝食を取る。
そこから海岸を指す案内板を見つけ九十九里の海へ。
西風が強くすいすい進む。
海だ。
P1000150.jpg

8:30、すでに何人かのサーファーが荒れた海の中にいた。
しばしそのサーファーたちを眺め、これからどうするか考える。
ここまで約4時間。今から帰ってもお昼過ぎで中途半端。
とりあえず犬吠埼まで言ってみようかと思ってしまう。
ここからが間違いのはじまり。

北東方向に向かって九十九里ビーチラインを走ることにした。
半端ない横風でふらつく自転車を制御しながら車道を進む。
少し進むごとに海岸にでて海をながめながら徐々に進んでいく。
蓮沼海浜公園で小休止。この公園のB級具合に心をいやされつつおにぎりを食べる。
P1000151.jpg

9:30だからなのか散歩している人がまばらにいるくらいだ。
駐車場ではラジコンカーを走らせている人たちもいた。
公園内の池で鴨?が泳いでいた。

休憩を終え、再びビーチラインへ戻る。
相変わらず横風に苦しむ。
途中、自転車道の案内板をみつけ海岸に向かう。
海岸沿いにサイクリングロードが続いていた。
砂が舞い、所々砂浜状態になってはいるが気持ちよく進んでいく。
サーファーにボードで道をふさがれたりするもの快適に距離を伸ばす。若干追い風気味なようだ。

快適な自転車道も終点にたどり着き、ここから犬吠埼への道しるべを頼りに進むことになる。
また山がちな地形になり、幹線道路は危険と判断。海岸線沿いに道を進む。
細かいアップダウンを繰り返し犬吠埼に着いた。

なんだかんだで12:00を過ぎていた。距離にして120km。
灯台に登ろうかと思ったが、一度行ったことがあるし、なにより風が強いので下から眺めるにとどめた。
ここでアイスを食べる。
P1000160.jpg


この近辺では暴走族が大量発生していた。
犬吠埼下の君ヶ浜で休憩を取っている間に100台以上の暴走族らしき方々が走りすぎていった。
風情が台無しだ。
個人的にはアニメ「AKIRA」の上着を着ていた人に受けた。
顔がヒリヒリする。そういや雲がほとんどない。
P1000161.jpg


風向きが変わるかと楽観していたのだが西向きの風はさらに強くなっている。
家に帰ってから調べたのだが13m/sの風が吹いていたようだ。
台風並なんですが・・・。
途中、サイクルコンピュータを路上に落としてしまい、対向車線に転がって、しかもマーチに轢かれるという悲劇(しかし無事だった)に見舞われつつも銚子市街に出る。

国道126号を戻れば帰れるのだが来た道を戻るのは面白くないので別のルートを探す。
国道356号から県道71号、それから少し国道126号を通り、国道296号で千葉まで戻ることに決定。

国道356号を強烈なアゲインストの中走っていく。
15km/hが精一杯。ママチャリ並の速度。それ以上速度を上げようものならバランスを取れなくなり倒れそうになる。
ずっと坂道を登っている感じだ。
途中ミニストップでソフトクリーム食べて気力を取り戻す。

県道71号の案内板を見つけ、曲がってみるとローカル色全開な道だった。しかもまた山がちな地形だ。
相変わらず強い風に負けそうになりながら田んぼや畑の脇を走っていく。
僕の田舎で見たような風景がずっと続く。ルート取りを間違ってしまったようだ。
それでも気力を振り絞り126号に出る。
15:30、ハンガーノックが怖いのでモスバーガーで食事をする。
疲れで眠りそうになる。再び自転車にまたがる。
今日中に帰れるのだろうか。

再度126号を走っている間、太陽と風を真正面から浴び続ける。
体力気力共に限界に近づいてきていたので、車道は極力避け、歩道を走る。歩道の段差に苦しめられる。

国道296号を見つけ、入っていく。
瞬間、失敗したと思った。何も無い。
しかもさっきより風が強い。
日も落ちてきた。寒い。
銚子まで平均25km/h以上だったのに、今では20km/hを割り込んでいる。
いったい何の罰ゲームなのだろうと思いながら、多古町の道の駅で休憩を取る。
休憩の間に夜になった。上着を着て寒さに備える。

ここからさらに修羅場だった。
短いアップダウン。車から逃げる為の歩道もないし、路肩は汚れ、笹が道路にはみ出している。
道路の真ん中に飛び出すことはできないので、車のライトを頼りに路面状況を確認しつつ、飛び出す笹を左手で避けながら走っていく。

そんな区間を過ぎ、19:30、佐倉のマックで食事休憩をする。
腿が筋肉痛になっている。
改めて地図を見て、国道51号で千葉市街を目指すことにする。

結果、また短いアップダウンの繰り返しだった。
ただ、風は幾分和らいでいたようだった。
しかし、千葉市街に入るとまた西風が強かった。
朝の6:00にここにいて、戻ってみれば今は21:00を過ぎている。
ここから湾岸道路を走ることにする。風防があるのである程度風は弱くなっていたように感じた。
船橋あたりで橋を渡ろうとしたとき、一瞬目の前がチカッとなって力が抜けた。
やばいと思い、近くのコンビニでおにぎりなどを買い、食べる。
そして原木ICの近くで30分ほど休憩した。寒い。
せっかくなのでマックスコーヒーを飲む。懐かしい味。
しかし、これで復活したらしい。
ここから家まで25Km/hで巡航。
家に着いたとき、時計は23:45を指していた。
シャワーを浴び、汗と排ガスまみれの体をきれいにしてすぐ寝た。

[本日の記録]
総走行距離 254Km
総走行時間 13h
最高速度 50km/h
平均速度 19.5km/h

そして今日。筋肉痛が痛いです。はい。
でも思ったほどじゃないです。歩けますから。
関連記事
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【2006/10/09(月) 10:50】 Giant Escape R3編 トラバ(0) コメント(0)















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

vaiable.comからのお知らせ

    RSSデータ読み込み中……

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

タグ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。