スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【--/--/--(--) --:--】 スポンサー広告

お手軽輪行袋「コクーン」をさらに楽に

TIOGAのコクーンは楽だよ。
なんてったって前輪外すだけだからね。

しかし、コクーンに付属している説明不足がちな説明書通りにやるとちょっと面倒くさい。
たかだか駅を歩くだけなのにストラップなんてやってられるかってーの。

というわけで、僕のコクーンで楽々輪行マニュアル。

まずは自転車への収納方法。
1P6072048.jpg
ほどよい長さに丸めたコクーンを太いベルクロテープで止める。
そして両端を細いベルクロテープで止めて、トップチューブにくくりつける。
厚みの出やすいファスナー部分を、ペダリングの邪魔にならないようにヘッド側に持っていくのがポイント。
ボトルが若干取り辛くなるけど大した問題ではない。
ちなみに、袋をボトルケージに突っ込むことも可能。
1P5011502.jpg
小径車の場合はシートポストにくくりつければよい。

で、次は肝心のコクーンへの収納方法。
前輪を外して通常通り袋に詰める。
1P6072046.jpg
そして、こんな感じで前輪を入れる。
このとき、右のペダル位置を写真のような位置にして、その上に前輪を置くようにするといい感じ。
1P6072045.jpg
で、コクーンを止めていたベルクロテープを使って、前輪をフレームにくくりつける。
1P6072047.jpg
最後に、自転車を降りると何気に邪魔なヘルメットをこんな感じで収納。
ハンドルのあるほうにぶら下げるとちょうどいいスペースがあるんだなこれが。

これで終了。
持ち運ぶときは、サドル部分を担ぐか、袋の中に手を突っ込んでシートチューブを持つと楽。

ちなみに、小径車の場合は、
1P5071805.jpg
シートポストは抜かずに、適当に袋に詰める。袋がでかいから余裕で入る。
袋の余った部分は、ベルクロテープでまとめるとスマート。
で、シートポストを担いで移動するべし。

あとは電車へGO!
1P4051098.jpg
ただ、コクーンはやっぱりでかい。他のお客さんの邪魔にならないように気をつけよう。

というわけで、N君、こんな感じで初輪行にトライだ!
関連記事
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【2008/06/08(日) 14:09】 パーツとか トラバ(0) コメント(1)
よくわかりました!
コクーンで検索していたらこちらのページに辿りつきました。
なるほど、このようにセットされていらっしゃるんですね。
非常に参考になりました。
早速私も試してみようと思います。
この夏は輪行で宮崎まで行き、海岸線を南下してみたいと思います。
どうも有り難うございました。
by 風を感じて * 2010/06/28 16:06 * URL [ 編集] | UP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

vaiable.comからのお知らせ

    RSSデータ読み込み中……

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

タグ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。