スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【--/--/--(--) --:--】 スポンサー広告

東北の旅 ?4日目(宮城県仙台市-岩手県釜石市)

5/6 7時からセルフサービスの朝食が食べられるので6時半に起床。
3日目から脚に筋肉痛が発生していた。「寝れば治るだろう」なーんて甘いことを考えていたのだけど、まったく筋肉痛は引かない。
自転車に乗ってる間は気にならないんだけど、座って立っての動作がぎこちなくなるほどに痛む。
1日目124km、2日目101km、3日目151km。
うーむ。3日合わせても400km走ってないんだけどなあ。
泊りがけの自転車旅行というのは初めてなので、ペース配分がまったく分からない。
100km/day辺りが妥当な気もする。

朝食を食べるためにロビーに行くと、やたら並んでる。
東南アジア系とおぼしき団体が宿泊していたらしく、ものすごく騒々しい。
並ぶのは好きではないので、人が減るのを30分ほど待って、やっと食事にありつく。
おにぎり7個。1,000kcal以上かな。

今日はどこに行くか決めてなかったので、風まかせにしてやろうと、外を見る。
1P5061614.jpg
快晴!但し西風がかなり強い・・・東に進むか。
9時過ぎにホテルを出る。

仙台の東といえば松島。松島といえば国道45号線。
1P5061618.jpg
とりあえずR45の起点まで移動。終点は青森。このままR45を走り続ければ青森に行けるのか・・・。

追い風で気分よく進み、塩釜港へ寄り道。
1P5061624.jpg
観光船のこのデザインってどうしてこんな感じになってしまうんだろう。

1P5061634.jpg
松島に来たよ。でも何をすればいいのか分からないよ。
やっぱ観光船に乗らないとダメなのかなあ。でも乗っちゃうとかなり時間をロスしちゃうからなあ。
松島に来たという事実を写真に収めて、北上。
次に目指すは気仙沼。

1P5061640.jpg
途中、なぜか戦闘機が。
1P5061642.jpg
撮り方によっては飛んでいるように見えなくもない。と思う。
・・・無駄な時間だった。

1P5061655.jpg
13時頃、道の駅「上品の郷」に到着。
トイレに寄ると、道の駅のほんとに隅っこでわたがしを無料で配っていた。
1P5061656.jpg
子供しかいない列に並ぶ。わたがしを作ってるのは純朴そうな女の子だった。
自分の番になり、わたがしを作っている間ちょこっと会話。
道中ほとんど一人なのでこういう会話は楽しい。
ちょこっとだけ東北訛りでかわい?。♪嫁に?来ないか?(by新沼謙治)
足湯があることを教えてもらったので、素直に足湯へGO!これは無駄な時間じゃない!
1P5061657.jpg
ぼけーっと足湯につかる。

1P5061660.jpg
東北一の川、北上川を渡る。そしてしばらく川沿いサイクリング。
1P5061664.jpg
この辺りから横風が気になりだす。進行方向が北になったのだ。
そういや今日は暑いなあ。20度越えてるし・・・。

1P5061671.jpg
14時頃、道の駅「津山」に到着。
ご当地弁当を売ってたので食べる。油モノ多いなあ・・・。

1P5061676.jpg
今回の旅では初の峠、横山峠。標高150m。
このときばかりは風が気持ちいい。
峠を越えてしばらく行くと太平洋岸に出る。
1P5061681.jpg
Theリアス式!複雑な地形が織り成すファンタジー。
でも感動って段々薄れていくんだよねぇ・・・。
坂を登って降ると港か浜がちらっと見えてまた坂を登って降ると・・・を繰り返すだけなんだもん。

1P5061685.jpg
R45を100km走ったみたい。気仙沼遠いんですが。
このあと、フロントディレーラーが動かなくなり、起伏の激しい海岸沿いをアウターで走るはめになる。
けど、コンビニでガチャガチャとSTIをいじってたら治っちゃったんだよねえ。

1P5061688.jpg
16時頃、道の駅「大谷海岸」に到着。
おじさんが話しかけてきたのだけど、なぜかタイヤをナデナデしてニコニコ顔で去っていった。何がしたかったの?

1P5061690.jpg
気仙沼に着いた。
港に行くと、ちょうどフェリーが出て行ったところだった。
この観光地も船乗らないといかんのだよなあ。

1P5061692.jpg
今何かとホットな森進一の港町ブルースの歌碑。
2番の歌詞の一番最後の「気仙沼」の文字がでかい。そうでもしないと気付かないからか?

しばらく港をうろうろするけども、これといったものが無い。
気仙沼を観光するならやっぱり大島へ行くべきなんだろうな。
しかし日のあるうちに岩手県に入りたいので、後ろ髪引かれる思いで気仙沼を後にする。

トンネルをいくつも抜けつつ、只越峠(140m)を越える。
そしてまたリアス式アップダウンを繰り返すと
1P5061705.jpg
はじめまして岩手県。なんとか18時に入県できた。
さて、これからどうしよう。
道の駅で食事でもしたいところだ。

1P5061706.jpg
というわけで18時半、道の駅「高田松原」に到着。
ん?なんだか人が少ない。というか薄暗い。・・・18時まで営業だってorz
しかたなく近くのコンビニで食事。
支払いがてらコンビニ店員に、この辺に健康ランドがあるか聞いてみた。
すると「峠の上にありますよ」とのこと。ボーリング場と岩盤浴もあるらしい。
よかったー、今日はここで一泊かあ・・・でも峠があるのかorz

峠を登れば風呂に入って寝られる。その峠の名前は通岡峠(173m)。
だらだらと登ったその場所に、言われたとおりの建物はあった。
が、健康ランドの看板のネオンだけが消えている。嫌な予感。
・・・
予感的中。休業してた。
さて、本格的にナイトランの準備でもしようかなあ。ヘルメットにライトを装着。
行けるところまで走ってやる。

夜の大船渡市をガシガシ走っていると、後輪に違和感。そういやしばらく前から乗り心地がゴツゴツしてたな。
赤信号で止まったとき、恐る恐るタイヤを指で押す。うーん、そうですか。パンクですか。
チューブを見てもそれらしい穴は無い。初日にパッチを当てたところから空気が漏れてきてるのだろうか。
ここは潔くチューブを交換する。
そして近くにあったスーパーで腹ごしらえ。知らない町のスーパーの駐車場で一人寂しい夕食。

友人に電話して今後を相談する。実は陸前高田市あたりで一度連絡したのだけどそのときは留守だった。
道路に関して知識豊富な彼にアドバイスを乞う。して釜石に泊まることにした。
釜石のビジネスホテルを調べてもらい予約を入れる。
現在地からホテルまでの距離をGPSで調べると30km以上あった。
1時間半位で着くかな?とペダルに足をかけて走り出す。

走り出してすぐに峠だったorz。大峠(321m)。
1P5061710.jpg
無料で通行できる自動車道が開通してるおかげで車の往来がまったくなかった。
民家も無い真っ暗な峠道を一人で登るのはかなり寂しい。
寂しいので歌ってみる。
♪丘を越え行こうよ? 口笛ふきつつ?
空しくなった。しかも呼吸が乱れて辛くなるじゃないか・・・。

三陸トンネルを抜け、降りが続く。
途中、道の駅「さんりく」が見えたが早くホテルで休みたいのでパス。
しかし、リアス式は甘くなかった。
このあと羅生峠、鍬台峠、石塚峠と3本の峠を越えることになった。
(実際にはトンネルがあって標高は150mくらいしかなかったけど、でも辛い)
1P5061719.jpg
毎回、これで最後だ!と思いながら登っていったので、段々落胆度合いが大きくなっていって困った。
でも人間意外とそういうときに力は出るもんらしい。
23時ちょい前に、ハンガーノックになりかけながらも釜石市街に到着。
1P5061724.jpg
川沿いの小さなビジネスホテルで、ようやく横になることができた。

湯船につかりながら友人と長電話。1時間以上話してしまった。
彼とは学生時代に長電話友達だったことを思い出した。


【本日の記録】
総走行距離: 229km
総所要時間: 13h38m

なぜか後半は峠三昧。
直線距離で140kmくらいのところを229kmですか。
素直にR4を走っていれば盛岡は余裕で越えてたな・・・。
20080506_map.gif
関連記事
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【2008/05/10(土) 11:38】 KHS F20-RC編 トラバ(0) コメント(0)















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

vaiable.comからのお知らせ

    RSSデータ読み込み中……

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

タグ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。