スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【--/--/--(--) --:--】 スポンサー広告

ツーリングのお供たち その3

今回はハンドル周り編。

まずはF75の写真を。
PC090002.jpg
・・・乗り手のアホさが滲み出てくる、ごてごてした、美しくないハンドル周り。
ガンダムに例えるならばパーフェクトガンダム?
必要なものを足していったらこうなってしまったわけで、
ハンドルの上に載っているものだけでもう一台F75が買えそうな勢い。
後悔はしてない・・・多分。
ハンドル左から
キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ/CC-HR200DW【ダブルワイヤレス】 CC-HR200DWキャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ/CC-HR200DW【ダブルワイヤレス】 CC-HR200DW

キャットアイ(CAT EYE) LEDライト HL-EL510 HL-EL510キャットアイ(CAT EYE) LEDライト HL-EL510 HL-EL510
のブラケット
キャットアイ(CAT EYE) サイクロコンピュータ CC-RD200 ブラックキャットアイ(CAT EYE) サイクロコンピュータ CC-RD200 ブラック


BUSH+MULLER サイクルスター901/3 バックミラー


GARMIN(ガーミン) GPSMAP 60CSx 日本語版 42205GARMIN(ガーミン) GPSMAP 60CSx 日本語版 42205

となる。

GPSも含めて速度計が都合3つ付いているという無駄仕様。
・自分の頑張り度合いを数値化したい
=>心拍計
=> CC-HR200DW
・走った奇跡が欲しい。
=>GPS
=> GPSMAP60CSx
・ローラー台で練習するときにスピード、ケイデンスを知っておきたい
=> 後輪で測定するスピード&ケイデンス計
=> CC-RD200
という流れで今日に至るわけで。

実のところGARMIN(ガーミン) フォアアスリート305 46704
で全て事足りるのだけど、この305はバッテリーが充電式でロングツーリングには向かないので却下に。
そのうち乾電池式のものが出たとしても、気軽に買える値段ではないから当分は今のままだろうな。
ルートナビ機能も結構使っているし、ハンドルの見た目には目を瞑ることにしている。

で、ぱっと見CC-HR200DWの位置が変だと思うのだろうけど、これにはちゃんと理由がある。
心拍計がGPSMAP60CSxと干渉するらしく、影響の無い配置を探していたらこうなった。
この前、山手線沿いを一周したとき、ほとんど心拍を計れなかったので、CC-HR200DWは結構ノイズに弱いのかもしれない。
まぁ、そんなにシビアに計測してるわけではないのでいいのだけれど。

スピード&ケイデンス計のCC-RD200。
ケイデンス計のみとして使用するにはちょっと失敗かも。
ケイデンスを大きく表示できないので見づらいんだもの。
以前使っていたCC-CD200Nではスピード表示との切替ができていたので、てっきりCC-RD200もできるものだと思ってしまってた・・・。
ただ、計測部はスマートになったから許してあげる。

あと、意外と重宝しているのはバックミラー。
微妙な位置にあるのは・・・模索中だから。
バーエンドだと、自転車を壁に立てかけたときにミラーの角度がずれるので今はここ。
ただ、ここもダンシングしたときに膝が当たることがあるのでなんとかしたいところ。
あと、後方確認するのに膝を開かないと見えない・・・あんまりいい位置じゃないな。


関連記事
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【2008/01/10(木) 01:38】 パーツとか トラバ(0) コメント(0)















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

vaiable.comからのお知らせ

    RSSデータ読み込み中……

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

タグ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。