スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【--/--/--(--) --:--】 スポンサー広告

冬のうららの隅田川 ?隅田川橋巡り

今日は正月休み最終日。
11時頃起床すると、春が来たのか?ってくらいいい天気。
こりゃ自転車に乗らねば、というわけで昼ごはんを食べて荒川へ出撃。

とりあえず、岩淵水門まで行ってみる。
今日はローディ多いな。この陽気に誘われてきたか。
途中、一輪車の大会をやっていた。最後の選手がゴールするところだった。
最近荒川で一輪車が多かったのはこれのせいか、と納得。
そうこうしているうちに到着。

しばし行き先を考える。
小径車で来てしまったし、まったりポタリングと洒落込むことにしよう。
ちょうど目に入った隅田川(岩淵水門で荒川から分岐して隅田川になる)を下ることにした。
ただ川沿いに下るだけだとすぐに終わってしまうのでちょっとしたルールを設ける。
【俺ルール】
 ・隅田川に架かる自転車で通行可能な橋を全て渡る。
 ・一度渡った橋は渡ってはいけない。

では、隅田川橋巡りのはじまりはじまり。 まずは基点となる岩淵水門(青門)。
P1060001_2.jpg
僕の夜練コースの折り返し地点。
水門のすぐ先で隅田川と合流する新河岸川に架かる志茂橋を渡って右岸へ。
しばらく川沿いを走るが行き止まり。R122へ出て環七へ。

新神谷橋。環七通り。
P1060006_2.jpg
至って普通の橋。渡って左岸へ。

新田橋。
P1060007_2.jpg
これまた普通。渡って右岸へ。
途中行き止まるが、1月中旬には道ができるらしい。

新豊橋。名古屋の駅ではない。
P1060012_2.jpg
去年(2007年)完成したばかりの新しい橋。
近くで見ると・・・
P1060013_2.jpg
自転車のホイールに見えてくるのは僕だけ?赤いスポークかっこいい!
渡って左岸へ。川沿いを進むと行き止まり。荒川CRへ入りC2の下を潜る。

豊島橋。
P1060015_2.jpg
右岸へ。懲りずに川沿いを進むが行き止まり。
少し住宅地を走り、再度川沿いの道を見つけて走る。
荒川遊園近くでコスプレした人たちを多数発見。
写真を撮ろうと思ったが、何のコスプレかさっぱり分からないので諦める。綾波いないの?

小台橋。小台通り。
P1060019_2.jpg
鮮やかな緑。
渡って左岸へ。川沿いは走れなかったので荒川土手下を進む。
ケーズデンキのところで土手上に。

尾久橋。尾久橋通り。
P1060024_2.jpg
荒川に架かる扇大橋から続いている。
渡って右岸へ。
P1060025_2.jpg
奥に見えるのが尾久橋。手前の白い橋は今年開業予定の日暮里・舎人ライナー。
川沿いを進む。途中階段がいくつかあるが、自転車を担いで通る。

尾竹橋。尾竹橋通り。
P1060028_2.jpg
尾久橋にはケーズデンキがあったが尾竹橋右岸にはコジマ電気がある。
渡って左岸へ。川沿いに道が無く、一般道を進む。
途中、京成本線の鉄橋などがあるので観に行くが川沿いの壁が高くてまったく見えず。

千住大橋。日光街道。
P1060030_2.jpg
これは旧橋で、隣に新橋がある。
隅田川最初の橋だそうだ。文禄3年(1594年)にできたらしいが、もうすこし上流にあったらしい。
現在の橋は1927年に作られている。それでも十分古い。
渡って右岸へ。いくつかの橋下を潜っていく。
P1060034_2.jpg
千住大橋下流左岸からの写真。
見づらいが手前から、日比谷線、つくばエクスプレス、常磐線、 千住大橋(新)、 千住大橋(旧)となる。
このあたりから右岸の川沿いが整備されて走りやすくなってくる。

千住汐入大橋。
P1060035_2.jpg
一昨年(2006年)にできたらしい。
新豊橋といい千住汐入大橋といい、新しい橋の近くにはマンションが建つんだな。
渡って左岸へ。

水神大橋。
P1060043_2.jpg
平成元年に完成した新しい橋。水神だから青い?
渡って右岸へ。

白鬚橋。明治通り。
P1060047_2.jpg
1931年に完成。個人的に好きな橋。
P1060049_2.jpg
白髭だから白い橋。
渡って左岸へ。川沿いを走る。

桜橋。
P1060050_2.jpg
隅田川唯一の人道橋。Xの形をしている珍しい橋。
アニメ「逮捕しちゃうぞ」で真っ先に破壊されてた。
P1060052_2.jpg
上流を見ればゆりかもめと白髭橋。
P1060054_2.jpg
下流を見れば言問橋と東武伊勢崎線。
渡って右岸へ。

言問橋。R6。
P1060057_2.jpg
1928年完成。意外と古い。
渡って左岸へ。

東武伊勢崎線橋梁。
P1060060_2.jpg
ちょうど車両が通過しようとしていた。
自転車では当然渡れるはずもなく。

吾妻橋。雷門通り。
P1060064_2.jpg
1931年完成。橋って赤が一番映える気がする。
これを渡ってまっすぐいけば雷門。
右岸には水上バス乗り場、左岸のビル上には・・・う○こがある。
渡って右岸へ。

駒形橋。浅草通り。
P1060069_2.jpg
1927年完成。古い橋が続くなあ。
中央は上部、両端は下部にアーチ、その間には円柱型の橋脚。なかなか味わい深い。
渡って左岸へ。

厩橋。春日通り。
P1060070_2.jpg
1929年完成。しかし工事中でお姿を拝見できず・・・。
渡って右岸へ。

蔵前橋。当然、蔵前橋通り。
P1060074_2.jpg
1927年完成。黄色が目を引く。
この辺りは橋と橋の間隔がせまくて忙しい・・・。
渡って左岸へ。

蔵前専用橋。
P1060075_2.jpg
インフラ用。明らかに蔵前橋の景観を損ねている。
自転車はインフラではないので渡れない。

総武線橋梁。
P1060076_2.jpg
左岸にはJR両国駅と両国国技館。
自転車は電車ではないので渡れない。
・・・正直、飽きてきた。

両国橋。京葉道路。
P1060079_2.jpg
隅田川で2番目に古いらしい。現在の橋は1932年完成。
右岸上流で神田川が合流している。
渡って右岸へ。
次へ向かう途中、首都高6号線がある。

新大橋。当たり前のように、新大橋通り。
P1060085_2.jpg
現在の橋は、なんと僕が満1歳を迎えた日に完成したらしい。
渡って左岸へ。

清洲橋。すべからく、清洲橋通り。
P1060090_2.jpg
1928年完成の青い吊り橋。
美しいフォルムだと思ったら、国の重要文化財になっているらしい。僕の目は正しかった。
渡って右岸へ。

隅田川大橋。水天宮通り。
P1060096_2.jpg
無骨な2層式。上層は首都高9号線。
清洲橋のすぐ後だけに余計に無骨に見える。
地下には半蔵門線が通っている。
渡って左岸へ。

永代橋。必然的に、永代通り。
P1060102_2.jpg
1926年完成。大正時代じゃん。
中央線が可変式になっていて、時間帯によって変わる。
この橋も国の重要文化財になっているんだとさ。
地下には東西線。
渡って右岸へ。

中央大橋。八重洲通り。
P1060104_2.jpg
レインボーブリッジと同じ日に竣工したらしい。同じ匂いを感じるかも。
中央の柱?は近くで見ると迫力がある。
橋脚には彫像があるが、橋に背を向けているため顔を拝めない。
渡って左岸の佃島へ。

佃大橋。
P1060120_2.jpg
至って普通。
P1060113_2.jpg
ただ、橋上から見える勝鬨橋と夕焼けは綺麗だった。
渡って右岸へ。

勝鬨橋。晴海通り。
P1060124_2.jpg
1940年完成の可動橋。1970年までは稼動していた。
こち亀で取り上げられたこともある、昭和ノスタルジーを感じさせる橋。
これもまた国の重要文化財となっている。
右岸には築地市場。
P1060121_2.jpg
電力を供給さえすれば動くらしい。
P1060130_2.jpg
勝鬨橋と無理矢理2ショット。
このあと、相生橋(隅田川の橋になるらしいけど、今回はノーカウント)を渡って帰路に着く。
・・・隅田川、橋多すぎ。

【本日の記録】
総走行時間:4h08m
総走行距離:76km(隅田川区間42km)

隅田川渡橋数:24(合ってる?)

今回のルート(岩淵水門?勝鬨橋)
20080106_map1_2.jpg
関連記事
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【2008/01/06(日) 23:07】 KHS F20-RC編 トラバ(0) コメント(0)















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

vaiable.comからのお知らせ

    RSSデータ読み込み中……

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

タグ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。