雨、そして雨あがる ?フレッシュ宇都宮 その3

17時、善光寺前を出発。
明日から善光寺の御開帳らしいが、明日の朝には宇都宮に居なくてはいけないのだ。
PC3が設定されている千曲のコンビニまで、20kmほど雨の中を走る。
が、夕方ということもあってか渋滞中。
グレーチングなどにすくわれないように気をつけて路肩を走る。
ずっと赤miniさんの後ろに付いて走っていたけど、しばらくすると口の中が砂だらけに。
泥除け装備の赤miniさんの後ろでこれなのだから、僕の後ろはこれよりひどいのだろう。

で、1時間も掛からずにPC3に到着。
気づいてみれば完全に濡れ鼠。
靴下やら手袋やらビチョビチョに。
雑巾絞りしてみたら、ボジョボジョボジョと水が滴り落ちた。
抜群の保水力だな・・・。

今更な感じはするけど、ここでカッパ上下を購入。
これから夜になってさらに悲惨になることも考えられるため、いい判断だろう。
ついでに、靴下の上に買い物袋をかぶせて、多少は快適に。
ちなみに、Kさんはロング丈のカッパ上を購入。ぼくもこっちでよかったかも。

18時、暮れゆく中を出発。
といっても厚い雨雲のおかげで既に十分薄暗かったのだけど。

ここから軽井沢まで、ゆるやかに登っていく。
しばらく雨の中を萎え萎えの気持ちで走っていたが、
体が温まりだしたころには雨も次第に弱まり、
体が熱くなってきた頃には完全に止んでいた。
しかし、それと同時にちょっとペースがきつく感じてくる。
前を走る赤miniさんに泣きを入れようと思っていたら、
30kmほど走ったところでトイレ休憩になった。

カッパを脱ぎ、コンビニの洗面所で泥だらけの顔を洗い、
体を冷やすためにアイスを食べて、
赤miniさんに「このままのペースだと最後まで持たないです・・・」と伝える。
空を見上げればお月様が見えていた。

再出発し、少しペースを落てもらって走る。
が、徐々に勾配がきつめに。
軽井沢は標高1000m程度なので、
時折GPSで高度を確かめては、心の中で標高カウントダウンしながら登っていく。
これが最後の上りだと思えば多少は気が楽だ。

標高1000mをちょっと越えたところから、念願の下り。
大きい水溜りに突っ込んだりしながらも、飛ばしていく。
そして群馬県に入ると同時に、碓氷峠の下り。
これでもうゴールしたも同然。
碓氷峠を下ったら、愛しの関東平野。

ここで、ぼくとKさんは防寒のためにカッパを着込む。
そして、まだ21時だというのに人気の無い真っ暗闇な峠を下り始める。
(時間で言うとここが折り返し地点だったんだね)

碓氷峠は一度走りに来たことがあり、道路状況はだいたい分かる。
が、雨上がりの荒れた路面を下るのは怖い。
カーブでブレーキングするたびに握力が失われていく・・・。
狸?が目の前を横切ったり霧に覆われたりしながらも
皆無事に降りきったところでPC4に到着。

下りで体が冷えてしまったので、みんなカップ麺を食べた。
暗闇に、みんなの白い息とカップ麺の湯気が、立ち上っては消えてゆく。
しかし、山を降りたというのに寒い。軽井沢より寒い気がする。

僕はここでシューズ内にカイロを仕込み、
ビチョビチョの手袋に見切りをつけて、軍手とゴム手袋を購入。
保温と風防を考えての組み合わせだ。

そして、走り出す準備ができたときには、
ビニールカッパの上に反射ベストを羽織り、
手にはゴム手袋、靴からは買い物袋がはみ出ているという、
職質を受けたら漏れなくタダで一泊できるような謎な格好に。
記念に写真撮ってもらえばよかったw

ここまで230kmを走り、残りは150kmも無い。
22時、2時間くらいの貯金を抱えて夜の関東平野を走り出す。


つ・づ・く

(妙高以降、ゴールするまで写真を一枚も撮ってないwww)
関連記事
スポンサーサイト
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【2009/04/09(木) 22:20】 FELT F5編 トラバ(0) コメント(0)

さかなとそば ?フレッシュ宇都宮 その2

9時に長岡を出発して、最初のPCである柏崎のコンビニまでを走る。
この区間、ちょっとした上りがある(100mくらい?)が、走り始めてすぐなので元気に登れた。

1P1040051.jpg
で、10時ごろPC1に到着。
25kmを1時間ってのは、ペース速過ぎでは・・・。
ゆっくり走るんではなかったの?赤miniさん・・・と心の中でつぶやきながらも、
まだ元気だし、ついていけない速さではないので、流されるままに(笑

軽く補給をしてPC1を出発。
次のPCまでは50km程度。
最初のうちはコース計画通りR8を走っていたけど、
海が見えて海岸線沿いを走るようになると、トラックが気になってくる。
やはり幹線道路は走りにくいか。
途中から、コースをそれて海岸寄りの道へ。
道幅は広くは無いが、車の往来が少ないので快適。
直江津に近づくにつれ、「軍ちゃん」コールが車列から漏れてくる(笑

フェリー乗り場前を通り過ぎて、直江津の市街地へ。
1P1040054.jpg
そして12時、「軍ちゃん」に到着。
今回、PCとは別に、魚と蕎麦を食べることになっていて、
直江津では事前調査及び投票により「軍ちゃん」で海の幸を食らうことになっていたのだ。
というわけで、みんなで海鮮丼を食べる。
プリプリしててまいうー。

そして13時、軍ちゃんで腹を満たした状態で、近くにあるPC2のコンビニへ。
今日はずっとずっしりとした雲が空を覆っているが、そろそろ雨が降りそうな空模様。
PC2から先は妙高高原が待ち構えている。
1P1040058.jpg
降るなよ?と空を睨みつつ出発。

しばらく走っているとペダルが重く感じてきた。
調子悪いのかな?と思いながら走っていたら、道路沿いに標高が書かれていた。
標高110m。
どうやら微妙な上り坂だったようだ(汗

上り坂だと気づいてからも、ずっと緩やかに上り続ける。
事前に長めの坂は調べてあるけど、
標高差700mを30km掛けて登ることの辛さは走ってみて始めて判る。
箱根旧道のほうが楽なような。
途中から小雨が降り出したが、クールダウンできてちょうどよかった。
まだ道の脇には雪が残っているしね・・・。

野尻湖の近くで巨大なナウマンゾウの像を見かける。
自転車と絡めて撮りたかったけど、そういうのは一人で来たときでいいや。(来るのか?)
先頭を行く赤miniさんはずんずん進んでいく。

ようやく下りがでてきて、しばらく足を休められると思ったら、R18をそれるとまた上り・・・。
萎え萎えの気分で登っていたら足をつったorz
このときやっと気づいたのだけど、妙高の上りでけっこう脚にきてたらしい。
ピキピキする足を我慢しながら走っていたら、ようやく長い下りが現れる。
やったー、と一瞬思ったが、気づけば雨足が強まってるし、体が冷えるではないか・・・。
嗚呼、暖かい蕎麦を食べたい・・・。
と心の底から念じていると、善光寺が見えてきた。

蕎麦屋に関しては、善光寺近くにはいっぱいあるから、
ということで特に店を決めていなかった。
で、16時、かどの大丸というお店に入る。

ぼくとkさんは温かい蕎麦を、とどにいさんと赤miniさんは冷たいのと暖かいのを。
ほんとは僕も冷たいのを食べたかったけど、温まりたかったの・・・。
けっこう量の多い蕎麦を平らげて、しばらく休憩。
外を見れば観光客は皆、傘を差してらっしゃる。
・・・普通に雨じゃん。天気予報では、にわか雨じゃなかったっけ?
カッパを持ってないけど、ウィンドブレーカーでなんとかなるかな?
どうせ次のPCまで20kmくらいだし、そのときにカッパを買えばいいか。
このときはその程度に考えておりました。
(何気に、本格的な雨天走行は初めてだったりする)

17時、一時間の休憩の後に外に出てみると、雨が止んでいる。わけもなく。


つ・づ・く
関連記事
「押す、押さない、押す、押さない・・・と見せかけて、押す!」 【2009/04/09(木) 01:53】 FELT F5編 トラバ(0) コメント(2)

| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

vaiable.comからのお知らせ

    RSSデータ読み込み中……

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

タグ

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

リンク